それぞれの世界観。。明日より、第67期王将戦7番勝負/第2局開幕

この大局観。。第11回朝日杯/1回戦「渡辺棋王-三浦九段を振り返ろう」

【 投了図・114手目△4七角成 】

2018y01m26d_220615745

本日行なわれました
第11回朝日杯将棋オープン/1回戦の注目カード
「渡辺明棋王-三浦弘行九段」は、上図114手までで
後手・渡辺棋王が勝利。冤罪事件後、初の対戦を制しました。

棋譜中継はこちら

棋譜解析的には渡辺棋王、終盤の逆転劇となりますが
三浦九段に大きなミスや疑問手が生じたというわけでもなく
渡辺棋王の大局観と指し手の正確さが印象に残りました。

相手の主張に耳を傾けながら、丁寧な受けを重ね
絶妙のタイミングで強烈なカウンターパンチを放つのが
渡辺棋王のおなじみの勝ちパターンなわけですが、本局では
その世界観が強く盤上に反映され、端攻めと並ぶ勝利の方程式
巧みな歩の利かせや細くとも途切れない攻めの復活は、いよいよ
不調を囲った「冬将軍」渡辺棋王の復活をも印象付けます。。

一方、三浦九段にとっては悔しい敗戦。
入念な研究と事前準備のもと、自らの世界に身を委ね没頭するのが
三浦九段のスタイルですが、本局の対局前の姿からは気合とともに
感情も見え隠れし、それがやや指し手の気負いとなったでしょうか。。

しかし、ハイレベルな熱戦は見応え十分の名勝負となり
3月のA級順位戦での両者の再戦へ、さらに大きな期待が高まります。

第67期王将戦 – 毎日新聞
中継ブログ

初防衛を目指す久保利明王将に
豊島将之八段が挑戦する、第67期王将戦7番勝負。

開幕戦を豊島八段が制して迎える注目の第2局が
明日、佐賀県上峰町「大幸園」にて開幕の時を迎えます。

2018y01m26d_224336879

久保王将の今期ここまでの成績は
29戦18勝11敗(.621)。順位戦はA級で5勝3敗。

対します、豊島八段の今期ここまでの成績は
43戦33勝10敗(.767)。順位戦はA級で6勝2敗。
残り2戦を残して名人挑戦権争いの単独トップに立ちます。

王将戦/第2局の棋譜中継はこちら
(毎日IDでのログインが必要となります)

気になる両者の対戦成績は
ここまで22戦して、11勝11勝とイーブン。
(久保王将の不戦負1つを含む)

第2局の先手は豊島八段。
「相振り飛車」で完勝を飾った開幕戦に続く連勝を狙います。
しかし、久保王将も連敗スタートだけは何としてでも避けたく
振り飛車党現党首の威信に懸けても第2局は必勝を誓います。

対局開始は午前9時より。
激戦必至の王将戦/第2局をぜひ、お見逃しなく。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>