「関西若手四天王」から3年連続。。糸谷八段、全勝でA級昇格決定!

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)
第76期A級順位戦対戦表

【 投了図・80手目△6六角 】

2018y01m18d_221936692

本日、行なわれています第76期順位戦のうち
「鬼の棲みか」B級1組/9回戦に西の怪童・糸谷哲郎八段が登場。

ここまで順位戦開幕から無傷の7連勝と独走態勢を築く糸谷八段は
関西将棋会館にて関西の新若大将・斎藤慎太郎七段と後手番で対戦。
上図80手までで見事勝利を飾りました。

【 下図は10手目△2ニ飛 】

2018y01m18d_223120113

本局に勝利をおさめれば
最終戦を待たずに来期のA級昇格が決まる大一番で
生粋の居飛車党かつ力戦の勇者たる糸谷八段は、何と
「坂田流向かい飛車」を投入。。居飛車の力戦ではなく
力戦振り飛車での勝利目指します。

【 投了図・80手目△6六角 】

2018y01m18d_221936692

斎藤七段は前期の棋聖戦挑戦者で
言わずと知れた関西期待のイケメンホープでありますが
充実の糸谷八段は攻守に強さをみせつけると、最後は華麗に
「詰めろ逃れの詰めろ」をかけて斎藤七段を投了に追い込み
値千金の勝利をものにしました。

終局時刻は午後9時26分。
この結果、開幕からの連勝を「8」に伸ばした糸谷八段が
一流棋士の証・A級昇格を文句なしで決めました。

奨励会時代より、その才能と個性で一目置かれる存在だった
糸谷八段は稲葉陽八段、豊島将之八段、村田顕弘六段とともに
「関西若手四天王」と称され、将来を嘱望されてきましたが
その期待に違わぬ成長を続け、ついにA級に到達。

一昨年の稲葉八段、昨年の豊島八段に続く3年連続のA級棋士誕生は
いよいよ本格的な「四天王」時代到来を強く、印象づけます。

2018y01m18d_224909391

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>