明日より、第65期王座戦5番勝負開幕

第65期王座戦中継サイト
中継ブログ

6連覇を目指す羽生善治王座に
関東の貴公子・中村太地六段が挑戦する
第65期王座戦5番勝負。

将棋界の秋の陣が、いよいよ明日
宮城県仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」にて
開幕の時を迎えます。。

2017y09m04d_223439281

羽生王座の今期ここまでの成績は
23戦13勝10敗(.565)。順位戦はA級で2勝1敗。

羽生王座今期成績一覧

6月に開幕した棋聖戦から3タイトル戦連続出場となり
関西の新若大将・斎藤慎太郎七段の挑戦を受けた棋戦戦は
3勝1敗の成績で見事10連覇を達成するも、続く王位戦では
振り飛車党の若き旗頭・菅井竜也七段の前に見せ場なく完敗。。
1勝4敗の成績で無念の王位陥落となりました。

王位戦と平行して
前人未到・空前絶後の大記録「永世七冠」達成に残された
最後の関門・第30期竜王戦挑戦を目指す決勝三番勝負を
松尾歩八段と戦い、ここまで2戦して1勝1敗のイーブン。

内容的にはいずれも優勢の終盤で変調をきたし
開幕戦は辛くも白星を飾るも、第2局では逆転負けを喫し
大一番となる最終戦へ、一抹の不安をのぞかせます。。

現在公式戦3連敗中。。
羽生王座らしい曲線的で柔らかな指し回しは影をひそめ
最先端の研究将棋の前に苦戦が続き、苦悩は深まるばかりですが
脅威の19連覇を含む通算獲得24期と抜群に相性の良い王座戦で
リズムを取り戻し、何とか浮上をきっかけを掴みたいところ。。

対します、中村六段の今期ここまでの成績は
16戦12勝4敗(.750)。順位戦はB級2組で開幕3連勝中。

細身の長身に端正なマスク
早稲田大学を優秀な成績で卒業した文武両道の貴公子は
17歳で「四段、プロデビュー」を果たして以来、常に
高い評価と人気、注目を集めますが、月日の流れは早く
年下の精鋭の破竹の勢いの前に、棋士としての存在感は
やや控え目に感じた、ここ数シーズン。。

調子の上がらない絶対王者・羽生王座を相手に
29歳で迎えた自身3度目のタイトル挑戦はこれまでにない
大きなチャンスであることは誰の目にも明らか。。

勝利に直結する独自の深い研究を武器に一気に大ブレークへ。。
関東の貴公子は気合も十分、満を持しての出陣に臨みます。

王座戦/第1局の棋譜中継はこちら

気になる両者の対戦成績は
ここまで10戦して、羽生王座が8勝2敗と大きくリード。
5年前の棋聖戦と4年前の王座戦でも番勝負で顔を合わせ
いずれも羽生王座が勝利し、防衛を果たしています。

しかし、今回の番勝負は両者を取り巻く事情が全く異なり
4年ぶりとなる明日の顔合わせが、今シリーズの流れを占う
極めて大事な対局となりそう。。

それだけに必見!
将棋界の秋を彩る王座戦の開幕戦をぜひ、お見逃しなく。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>