霞の中での決着戦。。明日、第30期竜王戦挑戦者決定三番勝負/第3局

第30期竜王戦中継サイト
中継ブログ

「冬の本場所」第30期竜王戦出場を懸けた
挑戦者決定三番勝負「羽生善治二冠-松尾歩八段」は
ここまで2局を消化し、1勝1敗のイーブン。。

勝者がそのまま挑戦者となる、決着の最終戦
第3局がいよいよ明日、東京・将棋会館にて行われます。

2017y09m07d_222400840

羽生二冠の今期ここまでの成績は
24戦13勝11敗(.542)。順位戦はA級で2勝1敗。
現在は公式戦4連敗中。。

羽生ニ冠今期成績一覧

6月の棋聖戦から3タイトル戦連続出場中で
関西の若大将・斎藤慎太郎七段の挑戦を受けた棋戦戦は
3勝1敗の成績で見事防衛を果たすも、続く王位戦では
振り飛車党の若き旗頭・菅井竜也七段の前に完敗を喫し
1勝4敗で無念の陥落、二冠後退となりました。

今週の火曜日(5日)に開幕した王座戦では
関東の貴公子・中村太地六段の勝利への執念の前に
優勢で迎えた終盤戦で信じられないようなミスを連発。。
何度も勝機を逃した挙句に大逆転負けを喫した羽生ニ冠。。

竜王戦三番勝負の前二局も、同様に
終盤のねじり合いというよりは、やはり有利であったはずの
羽生ニ冠の突然の変調、そしてひとり相撲によって模様が乱れ
結果的に開幕戦をものにし、第2局を落としたという印象。。

渡辺明竜王に二度目の挑戦を果たした
2010年度の第23期竜王戦7番勝負の前後から
羽生ニ冠の急激な踏み込みや終盤の変調は大舞台中心に度々見られ
ある意味、確立された負けパターンと言えなくもないですが、しかし
このところのショッキングな連敗は、明日の大一番を前に楽観を許さず
ただただ心配と不安を増大させます。。

対します、松尾八段の今期ここまでの成績は
17戦8勝9敗(.471)。順位戦はB級1組で1勝2敗。

松尾八段自身も決して好調なシーズンを過ごすとは言えませんが
しかし、第2局での勝利と羽生ニ冠の現在の変調ぶりは明らかに
松尾八段への追い風を、見守るファンに強く感じさせます。。

序盤の研究に定評のある居飛車党の実力者に、今
大舞台への切符を手にする、千載一遇のチャンが巡ってきました。

挑戦者決定三番勝負/第3局の棋譜中継はこちら

気になる両者の対戦成績は
ここまで7戦して、羽生ニ冠の4勝3敗と拮抗。

対局開始は午前10時。
大一番の手番はあらためて振り駒に委ねられます。。

羽生ニ冠が土壇場で底力をみせるのか。。
松尾八段が流れに乗って挑戦者に名乗りを上げるのか。。
全く結果の予想出来ない大一番、第3局をぜひお見逃しなく。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>