明日より、第58期王位戦7番勝負/第2局開幕。。

第58期王位戦中継サイト
中継ブログ

7連覇を目指す羽生善治王位に
振り飛車党の若き旗頭・菅井竜也七段が挑戦する
将棋界の「夏の風物詩」第58期王位戦7番勝負。

開幕戦を菅井七段が制して迎える注目の第2局が
明日より、福岡県福岡市「ホテル日航福岡」にて
その幕を開きます。。

2017y07m24d_220844181

羽生王位の今期ここまでの成績は
11戦7勝4敗(.636)。順位戦はA級で1勝1敗。
関西の新若大将・24歳の斎藤慎太郎七段の挑戦を受けた
第88期棋聖戦を3勝1敗で制し、まずは一冠をキープ。

羽生王位今期成績一覧

勝つ時の強さと鋭利にして柔軟、重厚にして軽快な指し回しは
羽生王位ならではの特別さと高級感を見る者に与えますが、しかし
次から次へと現れる若き秀英との連戦は百戦錬磨の羽生王位からも
安定を奪い、時に精彩を欠く勝負を余儀なくされるのが現在の将棋界。。

直近の対局では名人奪還に燃えるA級順位戦の2回戦で
今期よりA級初参戦を果たして27歳の豊島将之七段の前に完敗。
レース序盤で痛恨の黒星を喫し、早くも今後に暗雲が立ち込めました。。

ただ、新しい時代の波が極めて高いのも事実ですが
流行形や最新形の研究とともに、若手の棋風や傾向の分析にも力を注ぐ
羽生王位が簡単に時代に飲まれ、下降線を描くとは到底思えません。。

初手合いから3連敗と苦手にしていた
次世代のオンリーワン・永瀬拓矢六段の挑戦を受けた
前期の87期棋聖戦でも常にリードを奪われる苦しい展開を強いられるも
しかし、番勝負が深まるにつれて盤上の呼吸と模様を支配し土壇場で逆転。。
見事防衛を果たした姿は今も鮮明に残ります。。

王位戦は七番勝負。
明日の第2局で通算4回目の公式戦か合わせとなる
菅井七段を分析し、自分の色に染め抜いてしまうまでの時間は
羽生王位にとっては十分残されているように感じますが。。

一方、初めてのタイトル戦の初戦を制し意気あがる
菅井七段の今期ここまでの成績は17戦13勝4敗(.765)。
順位戦は今期より「鬼の棲みか」B級1組に昇格し1勝1敗。

熱心な研究家であると同時に
独特の感性と大局観で盤上に独特の世界を描く25歳の天才
菅井七段としてはこのまま勢いに乗って突っ走りタイトル奪取へ。。
その視線の先には、一切の迷いも不安もありません。。

棋譜中継はこちら

気になる両者の対戦成績は
ここまで3戦して、菅井七段が2勝1敗とリード。
第2局の先手は菅井七段。戦型は対抗形が有力ですが
相振り飛車、あるいは相居飛車の可能性も十分にあり
予断を許さず、序盤の駆け引きから目が離せません。。

菅井七段が開幕連勝スタートを決めるのか
はたまた羽生三冠が勝利を飾り振り出しに戻すのか。。
注目の王位戦/第2局をぜひ、お見逃しなく。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. … [Trackback]

    […] Read More Information here on that Topic: k-haru.mond.jp/2017/07/24/post-6116/ […]

  2. Treesap gummies より:

    … [Trackback]

    […] Read More on on that Topic: k-haru.mond.jp/2017/07/24/post-6116/ […]

  3. … [Trackback]

    […] Read More on that Topic: k-haru.mond.jp/2017/07/24/post-6116/ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>