第58期王位戦7番勝負/第2局・一日目「封じ手は菅井七段、羽生王位は悩ましく」

第58期王位戦中継サイト
中継ブログ

【 一日目終了図・50手目△9四歩 】

2017y07m25d_220832794

本日、九州は福岡にて行なわれました
第58期王位戦7番勝負/第2局・一日目は
上図50手目の局面で菅井七段が次の手を封じて
明日へと指し掛けになりました。

「菅井ワールド全開。。羽生王位の大局観や」

初手▲5六歩~△3四歩の出だしから
菅井七段が3手目に飛車を意表の7筋へと振る
「菅井流三間飛車」を投入。

羽生王位は居飛車で迎え撃ち
戦型は序盤から前例を離れる斬新で意欲溢れる
対抗形となりました。。

棋譜中継はこちら

序盤の熱心な研究家で新しい発想と構想を生み出し続ける
振り飛車党の若き急先鋒・菅井七段のまさに面目躍如の進行を
将棋の代名詞である羽生王位がどう受け止めて、捌くのか。。
王位戦/第2局は一日目から実に興味深い展開をみせます。

さて、菅井七段の気になる「封じ手」は何か?

直前に2手かけて
7八の地点に居た金を5八の地点まで寄せており
大本命にして最も自然な一手は、もちろん▲4七金。
格調高く「高美濃囲い」を完成させて駒を組み上げ
いざ、開戦に臨みたいところ。。

この瞬間、後手の指し手は難しく
有力なのは△8一飛あたりとなるでしょうか。。
あるいは6二の銀を引き下げて自陣二段目で
飛車の横利きを通すか。。

現局面ではやや先手良さ気。。
羽生王位の構想、切り返しが注目されます。。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>