羽生三冠の師匠、”美剣士”の訃報に接して

将棋の二上達也九段が死去 元将棋連盟会長 弟子に羽生善治ら

将棋の二上達也(ふたかみ・たつや)九段が1日、肺炎のため茨城県牛久市内の病院で死去した。84歳。北海道函館市出身。4日、日本将棋連盟の公式サイトで発表された。

1962年、第12期王将戦で初タイトル獲得。66年、第8期棋聖戦でタイトル奪取。80~81年、第37~39期棋聖戦3連覇。87年、通算800勝。タイトル獲得は王将1、棋聖4の合計5期。大山康晴十五世名人と激闘を繰り広げた。

89~2003年、将棋連盟の会長を務めた。15年間は歴代最長期間。弟子に羽生善治三冠(46)らがいる。

詰将棋作家としても知られ、その端整な顔立ちから「北海の美剣士」とも呼ばれた。

2016y11m04d_165718201

本日、羽生善治三冠の師匠としても知られ
日本将棋連盟の会長を15年に渡りつとめた二上達也九段が
今月1日にお亡くなりになられたことが将棋連盟の公式HPにて
発表されました。

訃報 二上達也九段

最近は表舞台に登場する機会は少なく
新しい将棋ファンの方には馴染みの薄い存在かも知れませんが
掲載された画像からも存分に伝わる気品と知性に目と心を奪われ
「さすがは羽生三冠の師匠だな」との思いに駆られた方もきっと
多いのではないでしょうか。。

全盛期の大山康晴十五世名人
後輩となります中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖
そして加藤一二三九段らと将棋史を彩る数々の名勝負を演じ
タイトル獲得5期を誇る昭和の名棋士であった二上九段。

寂しさとともにまた一つ、時代の終わりを感じますが
謹んで二上先生のご冥福をお祈り申し上げますとともに
将棋界の健やかなる発展を願わずにはいられません。

昭和を代表する名棋士として、私も十局程度教えていただきました。40代後半に棋聖戦で米長・中原・加藤(一)の三先生に三連覇されたことは、すごく印象に残っています。連盟会長も長く務められ、将棋界の発展にご尽力されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。(連盟のHPに掲載された谷川浩司九段のコメント)

> 

師匠として将棋連盟会長としていつも大きな存在でした。将棋界に遺して頂いたものを大切に繋いで行きたいと思います。(同・羽生三冠のコメント)

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>