明日、羽生三冠登場

第3期叡王戦公式HP
九段戦トーナメント表

プロ棋士と将棋ソフトの対戦の歴史でもあった
「電王戦」シリーズは今春、佐藤天彦名人がPONANZAとの二番勝負で
全く歯が立たず圧負で連敗を喫し、誰の目にもはっきりと分かる納得の形で
その役割を全うし、終了となりました。

しかし、その代わりに
「電王戦」シリーズを支えてくれた川上量生社長率いるドワンゴ主催で
2年前にスタートした新しい棋戦「叡王戦」が何と今期よりタイトル戦に昇格。。
大和証券杯や達人戦(非公式戦)がひっそりと幕を閉じ、タイトル戦に関しても
縮小や廃止の噂の絶えなかった将棋界はまさかの8大タイトル時代へと移行する
ビッグサプライズとなりました。

もともと将棋ソフト代表と対戦する
プロ棋士の代表を決めるトーナメント戦として産声をあげた
「叡王戦」が心機一転、タイトル戦となったことでトップ棋士にとっても
自然とモチベーション上がる、晴れの舞台となりました。

その「叡王戦」の明日、羽生善治三冠が登場。
決勝トーナメント出場を目指す九段戦予選を戦います。

2017y06m10d_180800658

羽生三冠の今期ここまでの成績は5戦4勝1敗。
6月に開幕した棋聖戦は若き挑戦者・佐藤慎太郎七段を相手に
開幕連勝スタートを決め、棋聖位10連覇に早くも王手をかけます。
また悲願の名人奪還に燃えるA級順位戦も開幕戦白星発進を飾り
ここに来て調子は上々、将棋の内容ともども充実感を漂わせます。

羽生三冠今期成績一覧

明日は2回戦からの登場で
午後2時より行なわれます1回戦「田中寅彦九段-小林健二九段」の
勝者と午後7時より、もちろん棋譜中継有りで対戦します。

2回戦の棋譜はこちら

対局の模様はニコニコ生放送でもライブ中継されますので
日曜の夜はぜひ、羽生三冠の対局をご堪能下さい☆

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>