これからの名人戦はここからが勝負。。

【速報版】第75期名人戦7番勝負/第3局「稲葉八段、激戦を制す」

【 投了図・116手目△5九銀 】

2017y05m02d_215842277

本日、決着をみました
注目の第75期名人戦7番勝負/第3局は
上図116手までで、後手・稲葉八段が勝利。

前2局は中盤で大差がつき、あっけない終局でしたが
本局は手に汗握る終盤戦が夕食休憩明けから繰り広げられ
最後まで目の離せない、大熱戦となりました。

一時は佐藤名人が懸命の追い上げで盛り返し、形勢も混沌と
したかに思いましたが、稲葉八段の指し手は攻守ともに正確。
局面に良く響き、最後まで攻防の主導権を手放すことなく
強さを存分に感じさせる見事な白星を飾りました。

将棋界最高の歴史と伝統を誇る、選ばれしものの晴れ舞台
名人戦は特にこの10年の間、羽生善治名人と森内俊之名人が
その座を争いながら独占しており、「羽生世代」の出場しない
20代同士の対決となった今年の名人戦には、時の流れ以上に
どことなく違和感を覚えました。

しかし、番勝負も3局を消化し
両者が織り成す将棋の流れや佇まいにも慣れてきて
おのずと感情を移入し、興味も深深と湧いてきます。

とりわけ、勝っていることもあるのでしょうが
稲葉八段は雰囲気があるというか、色気があるというか。。
対局中の指し姿は実に絵になり、格好良さを感じます。

今回がタイトル初挑戦の稲葉八段はもとより
タイトルはまだ名人の1期のみで、今回初防衛を目指す
佐藤名人もこれから全盛期を迎え、これから時代を作る
文字通りにこれからの棋士であり、これからの名人戦。。

番勝負の深まりとともに
双方、どんどん自分の色と将棋を全面に押し出して
伝統の名人戦に新しい一ページを印して欲しいと願いつつ
いまだ誰もみたこともない、名勝負を期待しています。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>