名人戦の封じ手は。。藤井四段は圧勝で15連勝

名人戦/第3局・一日目「またも難解な最先端。。稲葉八段が封じ手」

【 一日目終了図・31手目▲5五歩 】

2017y05m01d_221226747

本日、長崎県にて行なわれました
注目の第75期名人戦7番勝負/第3局・一日目は
上図31手目の局面で、稲葉八段が次の手を封じて
明日へ指し掛けとなりました。。

今シリーズの流れそのままに
序盤から早々と定跡を離れ、相居飛車の力戦模様となり
稲葉八段が仕掛けた角交換の反動を利用した佐藤名人が
二枚の銀を機敏に戦場に構える展開に。。

形勢判断は難しいところですが
さて、稲葉八段の「封じ手」は何か。。

模様を伸ばした先手に対して
後手は未だ居玉で低い陣形ながら、遅れを取った程でもなく
ならば△7三桂と駒組みを進める手も有効でしょうか。。

一つ手を渡すなら
稼動域の狭まった浮き飛車を一端、自陣に引き戻す
△8ニ飛も自然な一手に思われます。。

先手の狙いとしては
▲3五歩と合わせて手堅く一歩を手持ちにしたいところ。
双方、もう少し調整が入りそうな二日目のスタートが予想されます。

【 投了図・90手目△3八飛 】

2017y05m01d_223116168

さて、本日は
プロデビュー以来、未だ負け無しの14連勝と快進撃を続ける
神童・藤井聡太四段が公式戦に登場。。

第30期竜王戦ランキング戦6組の準決勝を
金井恒太六段と対戦し、上図90手までで圧勝を飾りました。

【 下図は44手目△8六歩 】

2017y05m01d_223740192

戦型は金井六段の「矢倉」に対して
居角のまま「左美濃」に玉を囲った藤井四段が瞬く間に
先手の角を押さえ込み、悠々と飛車先から仕掛けを開始。。

【 下図は72手目△6四角 】

2017y05m01d_224113890

開戦後は一方的な展開となり
藤井四段が自由自在かつ圧倒的に先手陣へと侵攻。。
そのまま寄せに入ります。。

【 投了図・90手目△3八飛 】

2017y05m01d_223116168

上図の局面をみて金井六段、無念の投了。
本局も貫禄の圧勝を飾った藤井四段が連勝を「15」に伸ばし
ランキング戦6組の決勝戦へと駒を進めました。

藤井四段は竜王戦決勝トーナメント進出をかけて
近藤誠也五段と6組決勝を戦います。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>