明日より、第75期名人戦7番勝負/第3局開幕

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

初防衛を目指す佐藤天彦名人に
稲葉陽八段が挑戦する、第75期名人戦7番勝負。

ここまで2局を消化し、1勝1敗のイーブン。
あらためて5番勝負となった仕切り直しの第3局が
明日より、長崎県西海市「オリーブベイホテル」にて
開幕の時を迎えます。。

2017y04m30d_214805866

佐藤名人の今期ここまでの成績は4戦して2勝2敗。
開幕戦のリベンジを果たし今シリーズ初白星を飾った
名人戦/第2局の後、26日(水)に22歳の若き精鋭
青嶋未来五段に完敗を喫し、今一つ気勢は上がらず。。

2017年に入ったからの成績でみると6勝8敗と負け越し。
また名人戦開幕直前に行なわれた第2期電王戦二番勝負では
最強ソフト・PONANZAの前に手も足も出ず大敗を喫するなど
ここまでは色濃くストレスが残る流れが続きます。。

しかし、28歳にして将棋界の顔となった
将棋の神に選ばれた貴公子・佐藤名人は誠実に勝利を目指し
真の意味で、今後の将棋界を背負うための試練に立ち向かい
ひたすらに名人防衛へとまい進します。。

対します、稲葉八段の今期ここまでの成績は3戦2勝1敗。
連勝スタートを狙った名人戦/第2局で完敗を喫して以来の
明日は公式戦登場となります。

第3局以降も名人戦以外の取組は予定されておらず
初めてのタイトル挑戦となる稲葉八段にとっては番勝負一本に
全力投球集できる、願ってもないスケジュールに。

この10日間で第2局をキッチリと精査し
明日からの第3局では、現代将棋界の最先端を行く
研究将棋が披露するべく、準備と研究に余念がないはず。。

【 名人戦/第1局投了図・72手目△5五桂 】

2017y04m07d_222547129

思わぬ大差。。名人戦/第1局「稲葉八段、会心の白星発進」

4月6日-7日に行なわれた
開幕戦は後手・稲葉八段が得意の「横歩取り」で圧勝。

【 名人戦/第2局投了図・72手目△2八飛 】

2017y04m21d_221828349

名人戦/第2局「佐藤名人、お返しの圧勝」

4月20日-21日に行なわれた第2局は
趣向を凝らした進行から変則的な「横歩取り」となり
後手番の佐藤名人が圧勝、開幕戦の借りを見事に返し
番勝負を1勝1敗の振り出しに戻しました。。

そして迎える
明日からの第3局、先手は佐藤名人となります。

気になる両者の対戦成績は
ここまで6戦して、佐藤名人が5勝1敗と大きくリード。

両者ともに生粋の居飛車党ということで戦型は
相居飛車が有力ですが、前2局は一方の構想が破綻した途端に
終盤戦のない大差がつく、現代の研究将棋をそのまま反映させた
結末となっただけに、明日からの第3局も序盤から目は離せません。

シリーズ2勝目を飾り
番勝負の主導権を握るのは、佐藤名人か稲葉八段か
序盤の山場となる第3局をぜひ、お見逃しなく。。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>