いよいよ決着。。明日より、第57期王位戦7番勝負/第7局開幕

第57期王位戦中継サイト
中継ブログ

6連覇を目指す羽生善治王位に
木村一基八段が挑戦する、第57期王位戦7番勝負。

ここまで6局を消化しともに譲らず3勝3敗のイーブン。
7月に開幕した将棋界「夏の風物詩」は、秋も深まる明日より
神奈川県秦野市「元湯 陣屋」にて、いよいよ決着となる
最終戦/第7局を迎えます。。

2016y09m25d_221749313

羽生王位の今期ここまでの成績は
28戦15勝13敗(.536)。順位戦はA級で2勝1敗。

今期も春の名人戦から4タイトル戦連続出場中で
名人戦は28歳の挑戦者・佐藤天彦八段(当時)の前に完敗。
1勝4敗の成績で防衛失敗、無念の名人陥落となりましたが
続く棋聖戦では23歳の挑戦者・永瀬拓矢六段との激戦を制し
フルセットの末、辛くも防衛。9連覇を達成しました。

現在は王位戦と平行して開催中の王座戦で
来月28歳の誕生日を迎える糸谷哲郎八段の挑戦を受け
開幕2連勝を飾り、5連覇に早くも王手。

名人戦から3タイトル戦連続でカド番に立たされた
王位戦でもさすがの勝負強さで第6局を圧勝でものにし
カド番を凌ぎ、最終戦へとこぎつけました。

羽生王位の今期成績一覧

今期は自己ワーストとなる公式戦6連敗を喫するなど
春先から調子が上がらず苦しいシーズン前半戦となりましたが
9月はここまで4勝1敗、内容も充実と上昇傾向にあります。。

タイトル戦の最終局ではこれまでも幾度となく
鬼の強さをみせつけてきた羽生王位だけに、明日からの第7局は
これまで培ってきた勝負根性と勝負術、そして魔性のひらめきが
当たり前のように披露されそうな予感が絶大ですが。。

対します、木村八段の今期ここまでの成績は
18戦9勝9敗(.500)。順位戦はB級1組で2勝3敗。

じわじわと調子を上げてきた羽生王位とは対照的に
夏から黒星が目立ち始めた木村八段は今月、勝ち星なしの2連敗。

「攻め駒を責めさせたら日本一」と言われる受け将棋から
積極的な指し回しと形勢を握ってからの手厚く慎重な終盤戦術へと
モデルチェンジを図り、白星を重ねてきた木村八段だからこそ
最終戦は受身にならず、強気の攻めを仕掛け続けられるかが
悲願のタイトル奪取への鍵になりそう。。

研究が行き届き、実に良く整備された棋風と
洒脱で明るい人柄で絶大な人気を誇る木村八段を応援する声が
今シリーズを通じて本当に多く聞かれただけに、その声援をぜひ
自身への追い風として、最終戦で最高の将棋を披露して欲しいと
願わずにはいられません。。

王位戦/第7局の棋譜中継はこちら

気になる両者の対戦成績は
ここまで46戦して、羽生王位の31勝14敗1持将棋。

あらためて振り駒で手番の決まる最終戦。
戦型は相居飛車が有力ですが、序盤から目が離せません。

羽生王位が底力を発揮し防衛を飾るのか
木村八段が悲願の初タイトル奪取を成遂げるのか。。
決着の大一番をぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>