ふたりの「女王」が復帰。。そして直接対決へ

矢内理絵子女流五段が第1子男児出産


ゴールデウィークによる長いインターバルを経て
将棋界では来週の月曜日(11日)から本格的に公式戦取組が
再開となりますが、その中に矢内理絵子女流五段のお名前も。

前期は妊娠、そしてご出産により休場。
4月7日に行われました中倉宏美女流二段戦で棋戦に復帰し
見事、勝利で復帰戦を飾りました。

矢内女流五段と言えば、女流の華でありマドンナ。
10代の頃から頭角を現し、17歳で初タイトル獲得(女流王位)。
通算で女流名人3期を含む、タイトル獲得6期を誇ります。

個人的には第1期マイナビ女子オープンを制して
史上初めて戴冠した「女王」の称号こそが矢内女流五段に最も
ふさわしいというか、似合っているなと思います。

またぜひ、タイトル戦でそのお姿を拝見したいところ。

月曜日に予定される復帰第2戦目のお相手は
同じく昨年12月に第一子となる女の子を無事出産され
今期より復帰を果たした上田初美女流三段。

上田女流三段も女王獲得2期を誇る強豪女流棋士。
4月8日に行われた復帰戦で中井広恵女流六段の前に星を落とし
だからこそ、矢内女流五段戦に掛ける意気込みは相当のはず。。

将棋界同様に若手の台頭が著しい女流将棋界ですが
ふたりの「女王」の戦列復帰が層の厚さと活性化を促し
またトップ女流棋士の刺激となるのは明らか。。

今後のおふたりの活躍が楽しみであり
月曜日の直接対決から目が離せません!!

2016y05m07d_232511085

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>