朝日杯in名古屋「羽生竜王、1回戦は貫禄の勝利」

第11回朝日杯将棋オープン中継サイト
朝日杯将棋オープン戦 名古屋対局

【 投了図・130手目△7六金 】

2018y01m13d_162611718

今日と明日の二日に渡って開催されます
第11回朝日杯将棋オープンin名古屋。

本日は、大注目の羽生善治竜王が登場。
まずは午前10時からの1回戦・高見泰地五段戦に臨み
結果、上図130手までで貫禄の勝利を飾りました。

棋譜はこちら

【 下図は21手目▲5五角 】

2018y01m13d_163521094

羽生竜王は後手番で角道を止めた「四間飛車」を投入すると
現代将棋の金字塔「藤井システム」を発動し将棋界隈を沸かせます。

本局が羽生竜王との初手合いとなる高見五段は居飛車で迎え撃ち
上図で角を天王山・5筋の位に迫り出して後手の「美濃囲い」を崩す
おなじみの定跡形から、果敢に勝負を挑みますが。。

【 下図は100手目△6五香 】

2018y01m13d_164045059

その勝率は開発者の藤井猛九段をも凌ぐと言われる
羽生竜王の「藤井システム」につけ入る隙は一切存在せず。。
盤上をシステマティックに支配しながら軽快なテンポで
先手陣を切り崩し、完全無欠の寄せへと向かいます。。

【 投了図・130手目△7六金 】

2018y01m13d_162611718

上図の局面で、高見五段は無念の投了。
若き精鋭相手に飾った見事な白星が新年初勝利となった
羽生竜王が気分良く、午後からの2回戦へ駒を進めました。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>