栄光の系譜。。第48期新人王戦決勝三番勝負/第2局「増田四段、連覇達成」

第48期新人王戦中継サイト
中継ブログ

【 投了図・120手目△2八龍 】

2017y10m16d_211117029

本日、東京・将棋会館にて行なわれました
注目の第48期新人王戦決勝三番勝負/第2局は
上図120手までで、後手・増田四段勝利。

棋譜中継はこちら

今月6日に行なわれた開幕戦も制した増田四段は
見事連勝で前年度に続き若手棋士の登竜門・新人王戦優勝。
史上3人目となる連覇の偉業を達成しました。

増田四段は現在19歳。
東京都のご出身で、森下卓九段門下。

奨励会の頃より、その才能は一目置かれた存在で
惜しくも中学生棋士は逃したものの、16歳で「四段、プロデビュー」
プロ入り後も着実に実力を磨き、今後の出世争いへの足場を固めます。

過去に新人王戦で連覇を達成したのは丸山忠久九段と藤井猛九段のみで
偉大な先輩はともに順位戦A級に到達し、丸山九段は棋士の憧れ名人を獲得
藤井九段は竜王戦3連覇を達成するなど、将棋史に燦然とその名を刻みます。

師匠の森下九段を彷彿とさせる居飛車の熱心な研究家ですが
最近は「詰将棋は解かない」「矢倉は終わった」など刺激的な発言
注目を浴びるなど、個性も際立ってきた増田四段ももちろん新時代の担う
スター候補のひとりであり、新人王戦連覇は次なるステージへの手土産。
無限の可能性を秘める神童の今後から、目が離せません。

2017y10m16d_214847623

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>