運命の再会。。明日より、岡田美術館杯第43期女流名人戦5番勝負開幕!

岡田美術館杯第43期女流名人戦中継サイト
中継ブログ

8連覇を目指す里見香奈女流名人に
上田初美女流三段が挑戦する、第43期女流名人戦5番勝負。

女流将棋界に新年の訪れを告げる伝統のタイトル戦が
明日より、前期より冠名となった神奈川県箱根町にございます
「岡田美術館」にて、開幕の時を迎えます。

2017y01m14d_223330280

里見女流名人の今期ここまでの成績は
19戦18勝1敗(.947)。

女流名人の他
女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花を保持。
名実ともに誰もが認める女流将棋の顔であり第一人者。

また、女流棋戦と平行して
史上初となる「女性棋士」を目指し奨励会でも奮闘中。
現在、三期目を迎えた三段リーグでは6勝4敗の成績で
折り返しを迎えました。

デビューした頃は「出雲のイナズマ」のニックネームそのままに
詰将棋で鍛えた自慢の終盤力を武器に、力任せに相手をねじ伏せる
攻撃的な振り飛車党でしたが、奨励会参戦後は居飛車も取り入れつつ
年々、手厚い受け将棋や渋く屈折した指し回しが目につくようになり
その手には相手の手を殺し合う、プロの将棋が染み込みます。。

すでに女流将棋の枠もレベルも超えている
充実の最強女王への挑戦者に名乗りを上げたのは、上田女流三段。

今期ここまでの成績は29戦23勝6敗(.793)。
女流名人リーグは7勝2敗で見事優勝。4年ぶりとなる
女流名人への挑戦権を獲得しました。

その4年前の第39期女流名人戦は歴史的名勝負となり
個人的にはこれまでみた女流タイトル戦の中のベストバウト。

すでに女流将棋界ではほぼ敵無しだった里見女流名人を相手に
上田女王(当時)はあたかも、里見女流名人を試すかのような
強気で熱い指し回しで真っ向勝負を挑み、一進一退を繰り返し
フルセットまでつれ込む、手に汗握る大熱戦を演じました。

最終戦を里見女流名人が制し、防衛を果たしたものの
あらためて上田女王の実力と勝負根性に感動したことを
つい昨日のことのように、鮮明に思い出します。

その年(2013年)、及川拓馬六段とご結婚。
一昨年の12月には第一子となる女の子をご出産。
家庭を築き、母となった上田女流三段。

勝負師としてだけでなく
豊かな人生経験を積んだこの4年の歳月の成果を
ぜひ明日からの番勝負に反映させて、また違った意味での
名勝負の再現を心より期待しています。

第1局の棋譜中継はこちら

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>