悩ましく、夏から秋へ。。

王位戦/第4局「木村八段、快心の勝利。。番勝負は再びタイに」

【 投了図・109手目▲2一龍 】

2016y08m23d_220720473

本日、決着をみました
注目の第57期王位戦7番勝負/第4局は
上図109手までで、先手・木村八段が勝利。

棋譜中継はこちら

戦型は「角換わり相腰掛銀」。
一日目の夕方から攻める姿勢をみせた
木村八段が二日目の開始直後に飛車先突破に成功。
そのまま最後まで主導権を渡さず、完勝を飾りました。

【 下図は50手目△6四角 】

2016y08m23d_223229727

一日目の進行ではまだ
形勢が揺れたようには感じませんでしたが
結果的には羽生王位の「封じ手」からの構想が
不発に終わった格好に。。

「封じ手」は本命とみられた△6六歩ではなく
先に飛車先の歩を切りに出た△8六歩(48手目)。
この手も気を衒った手ではなく、十分に予想された
「封じ手」でした。。

しかし、木村八段の▲同歩(49手目)をみた次の
上図50手目△6四角が敗着となりましたでしょうか。。

昨日のエントリーでも書かせていただきましたが
6四角自体は後手の狙いの一着なのですが、予想としては
まず△4六歩と叩いて金を呼んでから、△6四角投入。。

4六歩を省略したことで
木村八段はすかさず二度目の角交換へと誘導。。
飛車先突破の流れを許しました。

この結果
番勝負は2勝2敗となり、再びのタイスコアに。
8月に入り、公式戦3連勝中と調子を上げてきた
羽生王位にとっては手痛い敗戦となりました。。

羽生王位の次回の公式戦は
今月30日に徳島県で行われます王位戦/第5局
そして後半戦のスタートなる9月6日には、いよいよ
糸谷哲郎八段の挑戦を受ける第64期王座戦が開幕。。

一時期の不調こそ脱しましたが、しかしまだ
打倒・羽生王位を掲げる包囲網は緩まることなく
厳しく予断を許さない戦いの日々が続きます。。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>