大差の海で。。

【 速報版 】名人戦/第4局「佐藤八段完勝、名人奪取に王手!」

【 投了図・129手目▲9五龍 】

2016y05m26d_222839673

本日、午後7時27分に決着をみました
第74期名人戦7番勝負/第4局は、上図129手までで
先手・佐藤天彦八段が勝利。ぐうの音も出ない完勝です。

この結果
今シリーズの対戦成績は佐藤八段の3勝1敗となり
プロ棋士最高の栄誉である名人奪取に王手をかけました。

相手が羽生名人でなければ、勝負有りと断言してもいいほど
佐藤八段の将棋の質と完成度の高さばかりが際立つ名人戦。。

羽生名人にとっては、シリーズの流れをガラリと変えた
第2局の頓死による大逆転負けが痛恨極まりないですが
しかし、それ以上に「横歩取り」の先手と後手を持って
完敗を喫した第3局、第4局のインパクトは絶大。。

かつて、宿命のライバル・森内俊之九段や渡辺明竜王との番勝負では
気合が空回りしてポッキリと、大敗を喫する姿が度々見られましたが
今回は、とりわけ本局は最後の最後まで最善手を重ねたにも関わらず
チャンスらしいチャンスはなく、ほぼ一本道で寄り切られた羽生名人。。

率直に言って、力負けという印象が残りましたが。。

強い拘りを持つ名人の座を死守するためには
残る3局全勝しか道がなくなった今、かつてのようなざわめきよりも
大海原へと航海に乗り出す新しい汽船を見送るかのような雰囲気が
そこはかとなく漂う、将棋界界隈。。

新しい時代と言うには
あまりにも重く、厳しく、辛い険しい現実との戦いとなる
運命の第5局は来週の月曜日(5月30日)に開幕。。

心の準備ではなく、覚悟を決めて
そして羽生名人を信じて、その時を待ちます。。

2016y05m26d_190830813

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>