神童、いよいよ三段リーグへ

13歳藤井が最年少三段に 将棋の奨励会、愛知・瀬戸の中1

将棋のプロ棋士養成機関「奨励会」の対局が18日、大阪市の関西将棋会館で行われ、藤井聡太二段が1局目に勝ち、直近の成績が規定を満たす14勝5敗となり、最年少の13歳2カ月で奨励会最高段位の三段に昇段した。

日本将棋連盟によると、これまでの記録は佐々木勇気五段(21)の13歳8カ月。

藤井新三段は愛知県瀬戸市在住の中学1年生。杉本昌隆七段門下で、2012年に奨励会に入会した。今後は来春から始まる三段リーグに参加し、プロ棋士を目指す。

いよいよ噂の神童・藤井聡太奨励会二段が三段に昇段。
来春よりプロ棋士への最終関門・三段リーグ参戦が決定しました。

加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治名人
そして渡辺明棋王に続く史上5人目の中学生棋士誕生なるか。。

個人的には
我が地元・愛知県の瀬戸市在住ということで応援にも熱がこもります。
プロ棋士となった暁にはぜひ、祝賀パーティーに参加させていただきたい!

単なる通過点となる可能性が極めて高いとしても
今、伝えるべき言葉はもちろん、、、「頑張れ!藤井三段!!」

o0422044613260541417

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>