明日は第43期棋王戦・本戦/準決勝「三浦九段-黒沢五段」

第42期棋王戦中継サイト
第43期挑戦者決定トーナメント表

将棋界年度末の風物詩・第43期棋王戦挑戦を目指して
佳境を迎える挑戦者決定トーナメントはベスト4が決定。

棋王戦独特の「2敗失格ルール」が適用される
本戦/準決勝に駒を進めたのは、佐藤天彦名人、永瀬拓矢六段
黒沢怜生五段に、因縁の相手・渡辺明棋王との番勝負実現に燃える
「棋界の武蔵」三浦弘行九段。

明日は大注目の三浦九段が登場。
若きイケメン棋士・黒沢五段と決勝進出を目指し、戦います。

<第43期棋王戦・挑戦者決定トーナメント/準決勝>

三浦弘行九段-黒沢怜生五段

o0109012110424371960

三浦九段の今期ここまでの成績は
18戦12勝6敗(.667)。順位戦はA級で2勝2敗。

現代将棋界を代表する居飛車の熱心な研究家として一目置かれる
三浦九段ですが、これまではその生真面目さが勝負どころで仇となり
タイトル戦や大一番で思うような結果が残せない閉塞感を漂わせました。

しかし、将棋ソフトを研究相手に据えると全てが覚醒したように
中盤の分れや課題局面に止まらず、序盤から自らの構想を盤上に描き
正確性と凄味、そして自信を強く反映させつつ、見事な白星を量産。

充実の今シーズを大きな結果で締めくくるべく
棋王戦挑戦権獲得へのモチベーションも高く、死角は見当たらず。。

対します、黒沢五段の今期ここまでの成績は
25戦15勝10敗(.600)。順位戦はC級2組で3勝2敗。

黒沢五段は現在25歳。
埼玉県熊谷市のご出身で、高橋道雄九段門下。

奨励会在籍次代にNHK杯の記録係をつとめ
お目目がクリクリっとした可愛らしいお顔を覚えている
将棋ファンの方も多いのではないでしょうか。

3年前の10月に「四段、プロデビュー」を果たして以来
安定して6割を超える勝率をキープし、今期の棋王戦では
並み居る強豪を押しのけ、ベスト4まで駒を進めました。

意外性のある、楽しみな顔合わせは
1年前にも一度実現しており、その時は黒沢五段が勝利。
三浦九段にとっても予断のならない対戦相手となりました。

本局を落としても
敗者は敗者復活戦に回り、挑戦権獲得の可能性を残しますが
まず狙うのはもちろん決勝進出、そして本戦優勝あるのみ。
果たして、決勝に勝ち上がるのはどちらの棋士となるのか。。
実に興味深く、必見であります。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>