大器は大器。。橋本八段、そして、西山奨励会三段勇躍

第74期B級1組順位戦/11回戦「橋本八段-稲葉七段は力比べのねじり合いへ」

本日、東京と大阪に分かれて行われてます
「鬼の棲みか」第74期B級1組順位戦/11回戦・一斉対局。

【 投了図・75手目▲3六同玉 】

2016y01m28d_2232284761

 

柔らかブログでもご紹介させていただきました
「橋本祟載八段-稲葉陽七段」の一戦は、白熱の終盤戦に突入。

稲葉七段が気合も十分に先手玉へと襲い掛かると
受けが自慢の橋本八段が持ち味を発揮し付け入る隙を与えず。。

稲葉七段は「詰めろ」をかけて攻め込みますが
橋本八段の確かな読みと弾力のある受けをついに崩せず
上図75手目の局面をみて、無念の投了を告げました。

2016y01m28d_221906112

さて本日は女流将棋界でも
第9期マイナビ女子オープンの挑戦者決定トーナメント/準決勝で
「香川愛生女流三段-西山朋佳奨励会三段」という異色の好カードが
東京・将棋会館にて実現しました。

結果は86手までで、後手・西山奨励会三段が勝利。

棋譜中継はこちら

戦型は相振り飛車の現代の主流である「相三間」。
この春、いよいよ奨励会三段リーグ参戦を果たし、史上初の
「女性プロ棋士」を目指す西山奨励会三段が終盤で地力をみせつけ
完勝を飾り、挑戦者決定戦進出を決めています。

潜在能力では里見香奈女流四冠(奨励会三段)を上回るとも噂される
超大器・西山奨励会三段が、三段リーグと平行して女流タイトルを奪取し
一気に女流将棋界の表舞台にも登場するのか。。

西山奨励会三段の今後の活躍からも目が離せません。。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>