Oranje

8月8日に早々と開幕した
イングランド・プレミアリーグを筆頭に
ドイツ、イタリア、スペインと欧州の主要リーグで
続々と新シーズンの幕が開きました。

個人的な注目はもちろんスペインリーグですが
8月の初動で気になったのはイングランドの超名門
マンチェスターユナイテッド。

クラブ・ブルージュとの予選を制し
最初の目標だったチャンピオンズリーグの出場権を獲得。
プレミアも3節終了時点で2勝1分の勝ち点7と
好調なスタートを切りました。

ユナイテッドで特にお気に入りの選手は
二人のオランダ人、デリー・ブリントとメンフィス・デパイ。

昨年のワールドカップでの活躍も印象深い
ブリントは90年代半ばに無敵を誇ったアヤックスで
最終ラインの中心を担った、ダニー・ブリントの息子さん。

当時のアヤックスで指揮を執った
ファン・ハール監督はブリントを親子で指導します。

昨年のワールドカップでは
左のサイドハーフ(バック)を担いましたが
ユナイテッドではセンターバックをつとめるブリント。

左右を問わず
DF、MFの全てのポジションを高いレベルでこなす
ブリントはオランダ人らしい多様性に富んだ一級品

今季のユナイテッドのキープレーヤーであり
欠かすことのできない中心選手となることでしょう。

ブリント

ブリントも25歳とまだ若いのですが
今季よりユナイテッドに移籍を果たしたデパイは
さらに若く、現在21歳。

カントナやベッカム、C・ロナウドが背負った
伝説的なエースナンバー7を自ら希望し、与えられた
今ヨーロッパでもっとも注目を集める若手ストライカーの
ひとりであります。

ちなみに
ユニフォームの表記はメンフィスとなっています。

ブルージュ戦では
挨拶代わりに余裕の2ゴールを決めたデパイ。
いずれも想像性と高い技術をみせつける得点で
無限の可能性を示しました。

プレミアの試合はとかく展開がせっかちで
あまり積極的にはみないのですが、今季はひそかに
ユナイテッドを注目していこうと思います。

2015y08m30d_213636377

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>