竜王、名人、そして神童。。朝日杯in名古屋は豪華絢爛

毎年のことですが、師走は常にせわしなく。
通常業務に挨拶回りや忘年会であっという間に年の瀬へ。。

しかし、忘年会は22日までで続きは新年会へ。
お取引先は昨日が仕事納めというところが多く、多忙さも一段落。
私も明日の午前中で、一応仕事納めの予定であります。

ということで、来年に向けて将棋の勉強も再開。
とりあえずこの2、3日は先月端末にインストールした
「ぴよ将棋」でぴよね、ピヨ幸辺りと指していますが。。
かなり手ごわいですね(^^;;いい練習になります。

将棋界でも昨日で年内の公式戦取組が終了。
その最終日には神童・藤井聡太四段も登場し見事な勝利で
大活躍の2017年を締め括りました。

指し納めも強く「藤井四段、有終の白星」
「豊川七段-藤井四段を振り返ろう」

大晦日恒例の紅白歌合戦には将棋の代名詞・羽生善治竜王と
地上波に出捲くりで一般世間にも広く認知される圧倒的な知名度を得た
「ひふみん」こと加藤一二三九段が登場。またお正月には趣向を凝らした
特別番組が放送されてまだまだ楽しみは尽きませんが、棋士の本分である
公式戦の興味はすでに新年へと移行しています。

第11回 朝日杯将棋オープン戦 名古屋対局

年内に予選を終了し
年明けから本戦トーナメントがスタートする朝日杯では
何と1回戦の一部を我が地元・名古屋で開催することが決定。。
1月13日(土)、14日(日)に名古屋の中心街・栄に程近い
東桜会館にて公開対局が行われます。。

将棋日本シリーズの会場としておなじみの「ポートメッセなごや」は
愛知県はもとより、名古屋市内でも北部からみると最果ての地となり
特に公共交通機関を利用するとなると手間を要し、次に何かするにも
とりあえず名古屋駅まで戻らなくてはならなず、行くのは億劫ですが
東桜会館は地下鉄だと高岳からでも新栄からでも歩いて行ける距離で
移動も楽だし次の行動にも移りやすく、個人的にはありがたい会場。

それにしても、驚かされるのは
羽生竜王を筆頭に、佐藤天彦名人、棋王戦挑戦者に名乗りを上げた
永瀬拓矢七段、「関西若手四天王」の一角を成す糸谷哲郎八段、そして
瀬戸市在住の藤井四段などなど、豪華絢爛の出場棋士。。

当然ながら、これほどの棋士の対局を
まとめて拝見できる機会は滅多にあることではないので
タイミングが合えばぜひ、会場へ行きたいところであります。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. writeessay より:

    write a paper for me http://gsgfsdgfdhjhjhj.com/

    Effectively spoken genuinely! !

  2. Cialis 5 mg より:

    buy cialis online http://cialisky.com/

    Amazing a good deal of beneficial info.

  3. Cialis coupon より:

    cialis coupon http://cialisiv.com/

    Whoa loads of useful material!

  4. Cialis prices より:

    generic for cialis http://kawanboni.com/

    Fantastic facts, Kudos.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>