露出急増中

最近、様々なメディアでみかける藤井聡太奨励会三段。
本日は中日新聞の朝刊に記事が掲載されました。

DCIM0015

題して
『目指せ「最年少プロ棋士」』

今年3月の第12回詰将棋解答選手権優勝に始まり
奨励会の仕組みの説明とこれまでの中学生プロ棋士の紹介
そして師匠である杉本昌隆七段の寸評と、内容的には
これまで目にした記事や特集と大差はありませんが

しかし、注目度の高さがうかがえます。。

想像以上の落ち着きとしっかり者ぶりを印象づけた
夕方のニュースでの特集をみてまだ間もないだけに
私も興味を持って拝見しました。

藤井三段のインタビューも掲載されており
その中のいくつかを抜粋して、ご紹介すると。。。

- 最年少プロの記録は意識しているか

藤井三段

「そうですね。
過去に早く四段になった方々はタイトルを取っているので
自分もそうなりたいとの気持ちはあります。」

― 目標とする棋士は

藤井三段

「谷川浩司九段です。
僕も終盤型なので「高速の寄せ」にあこがれます。」

- 全国的にも注目されている

藤井三段

「三段になったことで注目度があがりましたが
それはありがたいこと。良い結果を出したいです。
緊張はしますけど、周囲の期待をそれほどプレッシャーに
感じるタイプではありません。」

□□□

藤井三段の参加する三段リーグの開幕は来年の4月。
今の注目度など所詮、それまでの退屈しのぎに過ぎず
一刻も早く前人未到のインパクトを世間に与えて欲しい。。
その楽しみすら、通過点に過ぎないのでしょうが。。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>