第3期叡王戦・本戦/1回戦「豊島八段、公式戦3連敗。。高見五段が2回戦へ」

第3期叡王戦公式サイト
本戦トーナメント表

【 投了図・134手目△9七飛成 】

2017y12m19d_215807154

本日行なわれました第3期叡王戦・本戦/1回戦
注目の「豊島将之八段-高見泰地五段」の一戦は
上図134手までで、後手・高見五段が勝利。

新時代の構想。。戦型は「横歩取り」

定跡手順の進行で戦型は「横歩取り」となると
飛車を浮かせたまま突っ張る豊島八段に対して
高見五段は二段階で角を交換する趣向で対抗し
難解かつ意欲溢れる中盤の攻防となりました。。

しかし
豊島八段が景気良く攻める展開で迎えた終盤戦は
高見五段の構想が徐々に盤上に染み出す形で形勢逆転。。
先手玉が完全に包囲された上図の局面をみて豊島八段は
無念の投了を告げました。。

棋譜はこちら

最新の研究将棋で見事勝利を飾った高見五段は堂々の2回戦進出。
ベスト4進出を懸け「渡辺明棋王-佐藤秀司七段」の勝者と戦います。

一方、豊島八段はこれで公式戦3連敗。。
佳境を迎えるA級の優勝争い、そして悲願の初タイトルを目指す
王将戦開幕を前に、調子は下降線を描きます。。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>