菅井ショックの翌日。。藤井四段、席上対局で完敗

藤井四段 プロ入り初の“連敗”に「次はリベンジしたい」

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)が5日、愛知県春日井市で行われた将棋イベント「かすがいキッズ将棋フェスタ」で公開対局を行い、都成竜馬四段(27)に122手で敗れて、プロ入り初の“連敗”を喫した。

前日4日、大阪で行われた王将戦の1次予選決勝で敗戦。瀬戸市の自宅に近く、小学生ら420人の地元ファンが熱い視線を送ったが、連戦の疲れもあったのか、この日も黒星。藤井は対局後に「ペースを握られてしまった。熱戦を見せたかったが、完敗という結果になり残念。次はリベンジしたい」と、真夏の苦い初体験に悔しそうな表情を浮かべた。

【 投了図・122手目△5七角成 】

2017y08m05d_222322113

将棋界は全国各地で今、夏休みのイベント真っ盛りですが
本日は神童・藤井聡太四段が、在住の地・愛知県は瀬戸市のお隣り
春日井市にて行なわれたイベントに登場。都成竜馬四段を相手に
席上対局を行い、上図122手までで完敗を喫しました。。

棋譜はこちら

昨日は大阪・関西将棋会館にて
振り飛車党の急先鋒・菅井竜也七段の圧倒的な世界観の前に
これまで経験したことのないような完封負けを喫した藤井四段は
そのショックを引きずるかのように、ここまで公式戦負けなしの3連勝と
相性の良い都成四段が投入した「石田流三間飛車」の前に精彩を欠き
地元で良いところ見せられず、無念の「連敗」。。

いかに若いとはいえ、この暑さ。。
また衝撃的な敗戦直後ということもあり、コンディション的にも
モチベーション的にも厳しい“公開対局”であったことは想像に難くなく
これでリフレッシュしてというのも無理な話でしょうが、とにもかくにも
地元で十分に英気を養い気持ちの切替えをはかり、また公式戦でぜひ
快進撃を見せて欲しいと願わずにはいられません。

頑張れ!藤井四段!

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>