~未来を創る若者たちへ~羽生三冠登場

孫正義氏、羽生三冠ら4氏が特別対談「未来を創る若者たちへ」

高い志と能力を持つ若者ら人材育成の支援を目指して設立された「孫正義育英財団」が2月10日(金)午後6時から対談イベント「~未来を創る若者たちへ~」を開催した。

同財団はソフトバンクグループの孫正義社長が昨年12月に設立。人工知能(AI)が人間の能力を超える「シンギュラリティ」の世界を見据えた次世代リーダー育成のために、彼らが活躍できる環境の提供や海外留学の学費支援などを行う。

イベントでは同財団の代表理事を務める孫氏が設立への思いをスピーチ。その後「未来を創る若者たちへ」をテーマに孫氏、副代表理事を務める京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長、理事の五神真(ごのかみ・まこと)東京大学総長、評議員で将棋棋士の羽生善治三冠の4氏が対談する。

金曜日(10日)の午後6時よりライブ中継されました
「孫正義育英財団」の対談イベント「~未来を創る若者たちへ~」に
将棋の代名詞・羽生善治三冠が登場。

対談に先立ちスピーチを行なった
財団の代表理事であるソフトバンクグループの孫正義社長
山中伸弥京都大学iPS細胞研究所、五神真東京大学総長とともに
シンギュラリティ(技術的特異点)をテーマに対談を行ないました。


日本が世界に誇る超一流のメンバーがAIについてだけでなく
それぞれの分野を目指したきかっけや時期、理由などを丁寧に語る
実に興味深い対談は現在、youtubeでも録画動画が公開されています。

最先端の世界と頭脳に触れられる
絶好のこの機会をぜひ、お見逃しなく。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. じゃのめ@なるこっと より:

    私は羽生三冠を敬愛している。
    同時に、孫正義さんも尊敬している。
    「孫正義育英財団」の設立が、ステレオタイプな日本の学校教育に一石を投じてくれるのではないか…と期待もしていたりする。
    その紹介イベント~未来を創る若者たちへ~と題された対談に、羽生三冠が招かれたことは感慨深い。
    他は高名な学者さん。世界を飛び回る孫正義さん同様、アメリカで学ぶことの意義を重々知っている人達だ。
    羽生三冠はワールドワイドに活躍されていると認められたのであろうか。
    そのような一面もあるかもしれない。
    しかし羽生三冠が招かれたことの意義は他にもっと大きなものがあるのだと思う。
    孫正義さん自身、『坂本竜馬に憧れて日本を飛び出した』と語った。
    人は誰かに【憧れて、強い意志を持てる】のだろうと思う。
    これからの日本を支える、日本の傑出した才能を【将棋】に傾けることを望んでの財団ではないはずである。
    しかし羽生三冠を招いた。孫正義さんはこういいたかったのだと思う。
    『みなさんが【憧れる】羽生三冠のように素晴らしい人になりましょう』と。
    今の日本、知性は勿論、人柄も含め、【傑物】【憧憬の対象】として多くの人に認められている人は、やはり羽生善治なのだろう…。
    私自身、【人気者羽生善治】を知り、それを機会に棋士という職業を知ったのであり、羽生三冠がいなければ、将棋界のことなど何も知らなかったのではないかと思う…。
    孫正義さんも、きっと羽生善治に惚れ込んでいる一人に違いない…逆も然り…。
    …お二人の対話は流れるように滑らかで分かり易い…。(この動画でも他の動画でも…

じゃのめ@なるこっと にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>