王者の質量

日本S初戦はホークスが先勝

日本シリーズは第1戦が24日、ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが4-2でヤクルトに勝利した。

ソフトバンク武田、ヤクルト石川の両先発で始まったこの試合。初回の攻防、武田は2死一、三塁、石川は2死満塁のピンチを迎えながらも、ともに無失点で切り抜けた。

試合が動いたのは4回。ソフトバンクは2死から松田のレフトスタンドへのソロアーチで先制点を奪うと、その後も高谷が三塁線へのタイムリー内野安打、川島にセンター前へのタイムリーが生まれるなど6連打で3得点。石川をこの回限りでマウンドから引きずり下ろした。

ちょうど4回の
ホークスの攻撃をテレビでみてましたが、実に迫力がありましたね。。
残念ながら負傷欠場となった内川選手の穴を感じさせない選手の質の高さと
層の厚さが感じられて、あらためて強いな~という印象を受けました。

そして噂の柳田選手、とにかく体がデカイ。。
イメージ的にはオリックスの糸井選手とダブりますでしょうか
豪快なフルスイングはスケールの大きさを存分に漂わせます。。

開幕戦はパ・リーグ王者の貫禄勝ちとなりましたが
セ・リーグ代表として応援しているスワローズにも頑張って欲しい!
まずは明日の第2戦、何としても連敗は避けたいところ。。
本日はノーヒットだった山田選手の活躍を期待しています☆

2015y10m24d_230747414

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>