明日より、第42期棋王戦5番勝負開幕。。

第42期棋王戦中継サイト
中継ブログ

5連覇を目指す渡辺明棋王に
千田翔太六段が挑戦する、第42期棋王戦5番勝負。

将棋界の年度末の風物詩が、明日より
静岡県焼津市「焼津グランドホテル」にて
いよいよ開幕の時を迎えます。。

2017y02m04d_215407849

渡辺竜王の今期ここまでの成績は
36戦22勝14敗(.611)。順位戦はA級で5勝3敗。

自らの告発に端を発し
前代未聞の挑戦者交代となった第29期竜王戦では
不安定な戦いぶりながらもフルセットの末、辛くも防衛。

その直後、三浦九段の冤罪が確定すると
覚悟を決めたのか、観念したのか年明けからは湿りがちだった
豪腕が完全復活。水曜日にはA級で首位独走の稲葉陽八段を相手に
最先端の研究将棋で完勝を飾るなど、あらためてその実力を示します。

対します、22歳の挑戦者
千田六段の今期ここまでの成績は52戦42勝10敗(.808)。
順位戦はC級1組で6勝2敗。

勝利数は全棋士中トップ。
対局数、勝率は同2位と素晴らしい成績を積み上げる
今期大ブレークを果たしました。

兄弟子である山崎隆之八段、糸谷哲郎八段の系譜を受け継ぐ
力戦派にして個性派は、将棋ソフト同士の対局を熱心に研究し
自らの対局の研究パートナーにも将棋ソフトを用いるなど
これからの時代にフィットした電脳棋士の旗頭でもあります。

自身初のタイトル戦でも、その個性を遺憾なく発揮し
飛躍の一年の締め括りとしても狙うはもちろん、戴冠あるのみ。。

第1局の棋譜中継はこちら

両者は明日が記念すべき初手合い。
振り駒で決まる手番と戦型も含めて、果たしてどのような
将棋が披露されるか実に楽しみであります。

スポンサーリンク
konline
konline
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>